部屋をすっきり!片付けのコツ完全ガイド » コツコツ片付けマニュアル » 「リビング」を片付けるコツは?

「リビング」を片付けるコツは?

「リビング」はどんな場所?

家のなかでも特に散らかってしまう場所が、ずばり「リビング」。リビングは、一緒に暮らす家族みんなが使用するスペースですし、家の中心にある場所だからこそ、モノが増えたり、置きっぱなしにされたり、また、たとえ片付いていても、モノが多いために散らかって見えやすい場所なのです。そんなリビングが散らからないようにするコツがあります。

「リビング」を整理するコツ

家族が使うものは片付けのルールをつくる

爪切りといった、家族みんなが使うものは、リビングに置かれるものです。こういったアイテムは、誰かひとりでも収納場所を知らなかったり、片付ける場所をあやまってしまうと、それだけでリビングが散らかる原因になります。

また、自分以外の誰かが使いっぱなしで放置しているものは、家族とは言え、代わりに片付けてしまっては意味がありません。必要になった時に探す手間がかかってしまったり、また、無くなってしまえば新たに買い足したりと、無駄なものが増える原因でもあります。

そのため、家族みんなで使うものは、収納場所のルールをつくることです。家族が「このあたりに入っていそうだな」と想像しやすい場所を決めて、「使った場所に戻す」ことを徹底すれば、散らかってしまうことはありません。

収納は細かくしすぎない

リビングに収納する物は、あまり細かく分類しすぎないことがポイント。文房具や電池など、ストック品をまとめて分類したり、食器や生活雑貨など、生活の中で使用するシーンごとに分けてあげることで、家族みんなが使いやすい収納になります。

反対に、片付ける人が細かく分類してしまうと、家族みんなが対応できなくなってしまい、かえってリビングが散らかってしまいます。

リビング外から持ち込まれる物を見逃さない

家族みんなが利用するリビングには、各人が帰宅時にカバンやコートを置きっぱなしにしたり、自分の部屋から本やゲームなどを持ち込みがち。普段からリビングに置くならまだしも、決まった収納場所がないものであれば、出しっぱなしになり、散らかった印象を与えてしまいます。

家族でルールづくりを行い、カバンなど、普段からリビングにおいてもOKなものと、一方で各自の部屋に持ってかえるものを分けましょう。

普段からリビングに置いていい各自の持ち物についても、できるだけ置き場所を決めてしまえば、散らかることを防げますよ。

上手に隠すことがポイント

リビングが散らかって見える特徴は、モノが多いからではなく、色があふれているから。広い空間だからこそ、目に入るものが多いリビングは、それぞれのモノの色が氾濫してしまい、雑然とした印象を与えてしまうのです。どれほどキレイに整理整頓していても、色が多いと散らかっているように見えます。

だからこそ、リビングの収納のコツは、上手に隠すこと。すべてを隠してしまうと、利便性が落ちてしまいますから、普段使うものと隠すもののバランスを取りましょう。

ただし、よくリビングの収納で行われがちな「とりあえず布をかける」という隠し方はNG。「見せたくないモノがある」と感じさせてしまうため、できるかぎり別の部屋に置いたりしましょう。

片付けの手順は大きいものから細かいものへ

リビングはさまざまなものがあります。散らかった場合は、大きいものから手をつけ、やがて布物や紙類、最後に細かいものを片付けていく手順が効果的です。

脱ぎっぱなしの幅や洗濯物は収納するカゴがあると便利です。本や雑誌などの紙類は、そのまま積み上げて収納できる本棚があれば片付けやすいですね。子どものおもちゃやヘアピン、文房具といった細かいものは、大雑把に入れておける小さなカゴがあれば、それにまとめていれるだけでOKです。

片付けられない.com

片付け指導つき

8:00-18:00

0120-380-404

アクト片付けセンター

収納も全部追加料金0!

8:00-21:00

0120-544-497

エモーション

特殊案件も対応

8:00-18:00

0120-345-026

関連ページ

部屋をすっきり!片付けのコツ完全ガイド

コツコツ片付けマニュアル
郵便物の整理整頓法
大型家電の処理
床が見えないほど散らかっている場合
片付けのコツ「断捨離」
維持することが大切