部屋をすっきり!片付けのコツ完全ガイド » コツコツ片付けマニュアル » 本棚の整理整頓法

本棚の整理整頓法

まずは分別・仕分けを行うこと

大量に積み重なった本は、いざ本棚に収納しようと思っても収まりきらないことがあります。そのため、まずは「いる本」「いらない本」に分別・仕分けを行いましょう。

いる・いらないを見極めるには、以下のようなグループ分けをするのが良いです。

  • 必要な本、これから読む本
  • 捨てるか迷う本、愛着がある本
  • もう読まない本

このようにざっくりと分けることで、迷う時間を短縮してスムーズに分別できます。

見た目もきれいで掃除も簡単な整理整頓法

凹凸の無い収納を意識する

本を収納する際には、以下のポイントを意識しましょう。

  • 探しやすい
  • 何の本かひと目でわかる
  • すぐに元に戻せる

単純に本を本棚にしまっていくだけでは、高さも凹凸もバラバラで見た目も美しくありません。逆に本の高さや奥行きなどで揃えると、スッキリと収納されているように見えます。

本棚の手前で揃える

本棚に本を収納する時、ついつい奥で揃えようとしてしまいがちです。もちろん、それでもキレイな収納にはなりますが、手前の余った部分にホコリが溜まってしまいます。

日々の掃除を簡単にするためにも、本は奥側ではなく手前で揃えて並べてみましょう。面で揃えることでホコリ掃除は不要になりますし、小物などの余計な物を並べる隙も無くなります。

雑誌の直立収納法

薄い冊子や雑誌などは、棚に並べても横倒しになってしまい美しくありません。ブックエンドを使って直立させることも可能ですが、お金がかかってしまいもったいないです。しかし、そのまま放っておくと曲がったり折れたりしてきます。

そんな時は、雑誌の真ん中のページ辺りに厚紙を挟んでみましょう。厚紙を入れることで背骨ができるため、本棚の空いたところに置いても直立してくれます。読んだところに厚紙を入れておけば栞代わりにもなるので、次に読む時にも分かりやすいです。

住まいのデッドスペースも活用

「本が多くて本棚だけでは収まりきらない」という人は、ベッド下や床下、クローゼットの中などのデッドスペースを活用してみましょう。キッチンカウンターの下に余っているスペースがあれば、そこにレシピ本を入れておけますし、乱雑に並べてしまいがちなカタログ類は、クローゼットなどの見えない所にしまうのが良いです。

本が収納できそうなデッドスペースがあったら、まずは読む頻度の高い本と低い本で分けましょう。読む頻度の高い本は本棚に、低い本はデッドスペースにしまうことで賢く収納できます。

片付けられない.com

片付け指導つき

8:00-18:00

0120-380-404

アクト片付けセンター

収納も全部追加料金0!

8:00-21:00

0120-544-497

エモーション

特殊案件も対応

8:00-18:00

0120-345-026

関連ページ

部屋をすっきり!片付けのコツ完全ガイド

コツコツ片付けマニュアル
片付けのコツ「断捨離」
シーズン毎の衣類整理
「リビング」を片付けるコツは?
片付けのコツ「適正量」の見極め方とは?
大型家電の処理