部屋をすっきり!片付けのコツ完全ガイド » コツコツ片付けマニュアル » 捨てる習慣を身に付ける

片付け業者比較ランキングBEST3

第1位
アクト片付けセンター
28,000円~
  • 掃除
  • 買取
  • 選り分け
  • ○
  • ○
  • ○
第2位
クリーンクルー
33,950円~
  • 掃除
  • 買取
  • 選り分け
  • ○
  • ○
  • ×
第3位
新日本撤去
39,000円~
  • 掃除
  • 買取
  • 選り分け
  • ○
  • △
  • ×

捨てる習慣を身に付ける

1日1捨て

仕事やプライベートが忙しくて、片付けられない状態が続くと、少しずつ部屋が汚れていきます。散らかってしまうと、キレイにするまでに時間がかかるので、片付けに手を出すのがおっくう。

こんな経験のある方は少なくないと思います。ゴミや不要なものが貯まらないようにするためには、日々片付けることが肝心です。

そこでおすすめなのが、「1日1捨て」。

1日に1個捨てるだけなら、少ない労力で済むので継続しやすいです。時間ができたときに、ささっと1個捨てればその日のノルマを達成できます。

片付けにかける時間

時間の目安としては、まず30秒以内で1個捨てられるようにしましょう。時間に余裕があるときには、捨てるまでに1~3分くらいかかりそうな場所を攻めるようにしてください。

1日1捨ては、短時間でできるので、時間に余裕がない方でも十分にチャレンジ可能です。

捨てる物を決める

捨てる物を選ぶときは、事前にある程度のルールを決めておくと、行動に移しやすいです。

どんな小さなものでもOK

毎日続けることが大事なので、捨てる物はなんでも構いません。捨てたいものが見つからないからといって、無理に探さなくても大丈夫。

財布の中のレシートや机にあるチラシ、床にあるごみくずなど、とりあえず1個でも捨てれば、その日は良しとしましょう。

片付けする範囲を選んでおく

あらかじめ片付けしたい範囲を決めておくと、捨てる物が探しやすいです。

家の場合は、キッチンや食器棚、冷蔵庫、洗面台、玄関、タンスなど。自分の所有物だと、カバンや財布が片付けの対象となります。

散らかり具合が気になる場所を優先して選んだり、曜日で範囲をローテーションしたりすると、不要な物がスムーズに減っていきます。

人の物を捨てるのはNG

自分の物ではない場合は、たとえ不要と感じていても決して捨ててはいけません。

明らかに不要な物に見えても、その人にとって必要な物だったら、捨てることでケンカに発展することは目に見えています。

基本的には、自分の部屋や身の回りの物を片付けるようにして、所有があいまいな物については必ず確認するようにしてください。

捨てる前の状態を写真で撮っておく

小さい物を捨て続けた場合だと、最初の一か月は、「キレイになった」という変化をあまり感じないかもしれません。

そこで、登場するのが写真です。

当たり前ですが、人の記憶よりも、捨てる前の状態を正確に記録します。写真を見返したときには、「こんなにスッキリしてたんだ!」と、これまで気づかなかった効果が認識できるかもしれません。

現在は、ほとんどの方がスマホやカメラ付き携帯を持っているので、写真に残すのは簡単。記録という点では、手帳やノートに残す方法もアリです。