HOME >  コツコツ片付けマニュアル >  小物類の収納法

小物類の収納法

用途ごとに分類し1カ所にまとめる!

テレビのリモコン類やドライバー、画びょう、ホッチキス、ハサミ、セロテープなど、ゴチャゴチャとしやすい小物類。

また、小さいものは「どこにしまったけ?」とわからなくなることも多いはずです。
そこで、いくつか小物の分類法と収納のコツをご紹介します。

同じものを分類する

まずは同じ用途のものを分類しましょう。

  • テレビやDVD、エアコンなどのリモコン類
  • 爪切りや綿棒、バンドエイド、頭痛薬の衛生用品や薬など
  • ハサミやセロテープ、ボンド、ホッチキスなどの文房具

一か所にまとめる

こうして分類したものは一カ所にまとめて収納することが大切です。
空き箱やフタがなくなったタッパなどを利用してもいいでしょう。
食器棚の引き出しや空いているスペースに収納するのもアリ。
リモコンなどは使用頻度も高いので、使っていないコップなどに立てて、テーブルの上に置くのもよいかもしれませんね。

増えてしまったアクセサリーたち

ピアスや指輪などは、仕切りのついたチョコレートなどの空き箱を利用したり、卵のパックもおすすめです。
ネックレスやブレスレットは、コルクボードがあるならピンや画びょうで1本ずつとめておけば、一目でわかりまので便利ですよ。

増えすぎてしまったブランド店の袋たち

ブランド店の袋などは、おしゃれなものが多いためついつい大切にとっておきがち。
まずは、その中から大きめのものとやや小ぶりのものを、保存する紙袋を入れる保存袋として1つずつ選びましょう。

次に、大きいサイズ、小さいサイズに分類してください。
分類したら最初に用意した大サイズ、小サイズの保存袋に入れましょう。
数が少なければ大小と分けなくともOK!保存袋に入りきらなかったものは、潔く捨ててはいかがですか?
分類ができたら、ちょっとしたすき間などに保存袋ごとしまっておきましょう。
あまり奥の方にしまいすぎると、いざ使いたいときに出てこないので要注意!