HOME >  片付けられない女のための業者選び >  倉庫の片付けは業者へ依頼するのがおすすめ

倉庫の片付けは業者へ依頼するのがおすすめ

●この記事の目次

自宅や職場の倉庫を普段から整理整頓していますか?普段は目に見えない倉庫の中は、気が付くと物が散乱しがちです。大掃除など節目で片付けをしようとすると、思ったより時間や手間がかかってしまいます。なかにはどう処分すればいいのかわからない物も。ここでは、倉庫の片付けのポイントとあわせて、業者依頼のメリットをご紹介します。

一度散らかると放置しがち

普段使わない物や部屋に置いておくには邪魔な物まで、倉庫は何でも収納できるスペースです。しかし、ただ置いておくだけでは物が散乱してしまいます。欲しい物、使う物を出そうとしたとき、どこに置いたかわからなくなってしまうことも。スペースが広くどんな物でも保管できる倉庫はとても便利ですが、普段は目につかないところにあるので、一度散らかってしまうと放置しがちです。しかし、見えない部分だからこそしっかり片付けておけば、いざというときもスムーズに使えます。スペースがあるからと無造作に物を置くのではなく、きちんと整理整頓をしておきましょう。

広い倉庫をキレイに片付けるコツ

広い倉庫内をキレイに片付けるにはコツが必要です。無計画に片付けを始めても、思うように整理整頓はできません。時間だけかかってしまい、結局片付けが終わらないということも。そうならないように、倉庫の片付けには事前にきちんとした計画立てが必要です。倉庫内に何があるかの確認、必要な物とそうでない物の選別、特別な処分方法が必要な物はその手配など、整理整頓と一言でまとめてもやることはたくさんあります。個人で倉庫を片付ける場合は、コツを押さえた整頓方法を知っておきましょう。

まずは計画を立てる

片付けを始める前に、まずは計画を立てましょう。仕事場の倉庫の場合、ほかの社員の協力が必要となります。社員の出勤日や仕事の状況を見ながら、片付けの日を決めましょう。しかし、中には掃除が苦手という方や、どうしても片付けに参加できない方もいます。それぞれの社員の事情を把握しておき、できる範囲内で片付けに参加してもらいましょう。個人宅の場合、家族に協力してもらい片付けを行います。共同の物、私物はどう処分するのか、事前に決めておくとスムーズです。

必要なものと捨てるものを分ける

次は必要な物と捨てる物の選別です。必要な物はどのように保存しておくか、使用頻度を考えながら保管場所を決めておきます。よく使う物は手前に、使用頻度が低い物は奥の方にしまっておきましょう。このとき、配置場所も改めて考え直して、自分が使いやすいように工夫しておくと後々便利です。不要な物は行政の処分方法に従い、正しい方法で捨てましょう。リサイクルできそうな物はショップに持ち込めば、意外な金額で売れるかもしれません。

期限を決めて倉庫の中身を全部出す

最後に決めるのは片付け期限です。物が多い倉庫内はダラダラと片付けをすると時間がかかってしまいます。期限を決めて倉庫の中身を全部出し、必要な物と捨てる物を選別し、必要な物を再配置しましょう。この期間内に片付けると事前に決めておくことで、集中的に整理整頓ができ効率よく片付けを進められます。なお、倉庫の中身を全部出すのは晴れの日にしましょう。週間天気予報を見ながら計画を立て、整理整頓を始めてください。

定期的に片付ける

片付けをした後に放置してしまうと、せっかくキレイになった倉庫内がまた散らかってしまいます。使いやすい倉庫にするためには、定期的な片付けが必要です。片付け後もキレイに保つように意識しましょう。気付いたときに片付けをするのも良いですが、日にちを決めてしっかり片付けをすると長期間キレイに保つことができます。一度きちんと整理整頓した後なので、定期的に片付ければそこまで時間や手間はかかりません。一か月に一度など、日にちを決めて定期的に片付ける習慣をつけましょう。

大型の不用品処分は危険を伴うことも

職場の倉庫は大型の物、重量のある物をしまっていることが多いですが、このような物の処分は危険が伴います。運ぶのが大変な物は、場合によっては怪我につながる可能性も。また、機器類などの処分には専門知識が必要になる場合もあります。このように倉庫内には、処分が難しい物、自分の判断だけでは正しい処分方法がわからないが多数。場合によっては危険を伴うこともあるので、倉庫内に何があるか、事前にきちんと確認しておきましょう。

倉庫を片付けることで発生するメリット

倉庫を片付ければ多くのメリットが生まれます。まず、職場の場合は仕事の効率アップにつながります。仕事をするうえで、物を探して出し入れする時間は利益を生まない不要な手間です。これを最小限に省ければ、仕事に集中できる時間が長くなります。倉庫をキレイに片付けておくことで物の出し入れがスムーズになり、探す手間が省けることに。個人宅の場合でも普段からキレイにしておけば、物の場所がわからず時間を無駄に使ってしまうということもなくなります。普段は見えない場所だからこそ、整理整頓はきちんとしておきましょう。

業者に依頼する方が確実で手軽

いざ倉庫を片付けようとしたとき、時間がかかりなかなか進まない、捨てる物の処分方法がわからない、という場面に遭遇する場合もあります。これらの事態を防ぐためにおすすめなのが、片付け専門の業者に依頼する方法です。プロの手にかかれば効率的かつスムーズに片付けを進めることができ、時間や手間を最小限に抑えられます。処分方法がわからないゴミも、業者が引き取って処分してくれるので安心です。コスト面で負担はかかりますが、しっかりと片付けをして、手間や時間を最小限に抑えたいのであれば、業者に依頼する方法が確実でしょう。

まとめ

普段見えない場所だからこそ、倉庫内は物が散乱しがちです。いざ使おうとしたとき、必要な物が見つからず時間だけ無駄にかかってしまうことも。そのような状態を防ぐために、業者に依頼してきちんと片付けしてもらう方法がおすすめです。