HOME >  片付けられない女のための業者選び >  リフォームの際には業者に依頼して片付けも一緒に行おう

リフォームの際には業者に依頼して片付けも一緒に行おう

●この記事の目次

リフォームは片付けのチャンスです。リフォーム前は工事のための片付け、リフォーム後は廃材や片付けの際に出た不用品の処分、物の再配置があります。普段なかなか片付けられない場所も、リフォームを機に整理整頓してキレイにしてみてはいかがでしょうか。片付けが難しい、時間がなかなか取れないという方には、業者へ任せてしまうのが便利です。

リフォーム前の片付け

リフォームを行う前は必ず片付けをしなければなりません。物が散乱している状態では施工業者が作業しにくいですし、置きっぱなしの物が工事中に壊れてしまったり紛失してしまったりしたら、もちろん自己責任となります。これを防ぐためにも、リフォーム前はきちんと片付けをしておきましょう。外部のリフォームであれば見える範囲内の片付けで大丈夫ですが、内部のリフォームの場合は隅々まで整理整頓が必要です。施行の邪魔にならないような物の配置と片付け、リフォーム中の生活動線の確保などを踏まえたうえで、計画的な片付けをしましょう。

リフォーム前に効率的な片付けをするコツ

リフォーム前の片付けは意外と大変で、効率的に片付けるにはいくつかのコツがあります。まず、貴重品の保管場所を決めましょう。リフォームする場所に貴重品が置いてあった場合、リフォーム後に配置し直すのか、別の場所に移動するのかを決めます。紛失してしまわないようにきちんと保管しておきましょう。貴重品の保管場所を決めたら、大きい物から順番に片付けていきます。いる物といらない物を仕分けして、施工に間に合うように片付けましょう。

不用品は一気に処分しよう

リフォームは不用品を一気に処分するチャンスです。使わないけれど捨てる機会を逃してしまったという物も、リフォーム前の整理整頓で一緒に捨ててしまいましょう。普段使わない場所や物も、リフォーム前はしっかり片付けなければなりません。不要な物も一緒に捨ててしまえば、リフォーム後の収納スペースが広くなり快適に。処分の手続きが面倒な物も、一気に片付けてしまえば手間も時間も最低限で済みます。

リフォーム後の片付け

リフォーム後も片付けは必要です。内部のリフォームの場合、置いてあった荷物を元に戻す復元作業をしなければなりません。リフォーム後に使用しやすいよう、物の配置を事前によく考えて決めておくと、後々使うときに快適です。また、荷解きの際に、新たに不要な物が出てくる可能性があります。リフォーム後の部屋のレイアウトや収納場所を確認し、いらない物は捨ててしまいましょう。また、廃材の処分といった後片づけも必要です。大きな物はリフォーム業者が片付けてくれますが、細々としたゴミの片付けは自分で行う必要があります。

片付けの流れを知っておこう

リフォーム後の片付けをスムーズに進めるためには、片付けの流れを知っておく必要があります。当たり前ですが、リフォーム後は以前とは異なる様相になっています。収納スペースの広さ、レイアウトやデザインなどを考えながら片付けを進めていきましょう。まず、自分のライフスタイルを振り返ります。使用頻度の高い物は取りやすい場所に置き、頻度が低い物はしまっておきましょう。片付けは大きい物から始め、最後に細々した物を配置すると、効率的に進められます。

片付けをするだけでその後の生活が変わる

片付けはその後の生活に大きく関わる重要なことです。雑多な部屋は視線があちこちにいってしまい、頭が混乱してしまいます。引越し後の片付いていない部屋は落ち着かない、という現象はこれが理由です。部屋がキレイに片付いていれば気持ちもすっきりとして、その後の生活品質が向上。また、生活動線を考えた片付けをしておけば、物の出し入れがスムーズになり時間に余裕が生まれます。このように、片付けが及ぼす影響は日常生活においてかなり重要なことなのです。

リフォーム前後の片付けを請け負う業者とは

リフォームを機に片付けをしたいけれど時間がない、片付けが苦手という方におすすめなのが、片付け専門の業者への依頼です。近年はさまざまな場面に対応したサービスが出ており、リフォーム前後の片付けを専門的に請け負っている業者もあります。リフォーム前後の片付けは、施工にあわせて計画的な実施が必要です。しかし、物が多い場所は片付けに時間がかかってしまい、なかなか思うように進まないことも。また、機器類などの片付けは正しい方法で行う必要があり、間違えた方法は故障の原因につながります。このようなリスクを避けるためにも、業者に依頼するのが最も確実です。

業者に依頼してキレイに片付けよう

片付け専門の業者は、リフォーム前の効率的な片付け、リフォーム後の生活を快適にする整頓など、生活の品質を向上させるサポートをしてくれます。業者依頼なのでコストはかかりますが、時間も手間も最小限に抑えることができ、リフォーム後に快適な生活を送るための手助けもしてくれ一石二鳥。部屋のデザインや生活動線を考えた物の配置など個人ではなかなかわかりにくいことも、専門知識と技術を持った業者にお任せすれば安心です。リフォームを機に家をキレイにしたいという方は、業者依頼も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

まとめ

リフォーム前後の片付けは手間と時間がかかる大変な作業です。効率的かつスムーズに片付けを進めたいのであれば、業者に依頼するのが確実。リフォーム後の生活も快適に過ごせます。