部屋をすっきり!片付けのコツ完全ガイド » 片付けられない女のための業者選び » 一軒家の片付け業者の費用相場

片付け業者比較ランキングBEST3

第1位
アクト片付けセンター
28,000円~
  • 掃除
  • 買取
  • 選り分け
  • ○
  • ○
  • ○
第2位
クリーンクルー
33,950円~
  • 掃除
  • 買取
  • 選り分け
  • ○
  • ○
  • ×
第3位
新日本撤去
39,000円~
  • 掃除
  • 買取
  • 選り分け
  • ○
  • △
  • ×

一軒家の片付け業者の費用相場

ここでは、業者に一軒家の片付けを依頼する場合の費用相場や、少しでも費用を安くするための方法などについてご紹介します。一口に一軒家と言っても、処分品の量や間取り、延床面積はさまざま。料金にも大きな幅があると考えてください。

丸ごと一軒家の片付けを業者に依頼はできる?

一軒家を丸ごと片付け業者に依頼することは、もちろん可能です。「実家を丸ごと片付けて欲しい」「親が亡くなったので丸ごと片付けて欲しい」といった依頼は、片付け業者へと日常茶飯事のように入ります。

ただし後述する通り、家一軒を丸ごと片付けてもらうための費用は、決して安くはありません。少しでも費用を抑えるために、可能であれば一定の準備をしておいたほうが良いでしょう。

少しでも費用を安くするための方法

少しでも片付けの費用を安くするために、可能な方は次の3つを実践しましょう。

  1. 自分で処分できるものを処分しておく
    処分する品が多ければ多いほど、片付け業者の費用が高くなります。よって、自分で処分できるものは、可能な限り処分しておきましょう。理想としては、冷蔵庫や洗濯機、仏壇、その他の粗大ごみなど、どうしても業者に片付けを依頼しなければならないものを除き、すべて自分で処分しておくことです。
  2. 複数の片付け業者から見積もりを取る
    片付け業者によって、見積もりの料金が異なります。最初に見積もってもらった業者で即決せず、かならず複数(できれば3社以上)の業者に見積もってもらい、片付けの相場をつかんだうえで業者を絞りましょう。
  3. 遺品・貴重品などを買い取ってもらう
    片付けの対象となるごみの中には、換金価値のある遺品・貴重品などが紛れていることがあります。これら換金価値のあるものについては、買い取り業者などに買い取ってもらうようにしましょう。
    なお、片付け業者の中には古物商の許可を得ている業者もあります。そのような業者の場合、片付けと一緒に買い取りを行ってくれることもあるので、業者を選ぶ際にはよく確認しておきましょう。

悪徳業者に要注意

片付け業者の中には、悪徳とも言える業者が紛れていることがあります。業者選びの際には、最低でも「廃棄物収集運搬許可」を受けている業者かどうかを、かならず確認してください。

また、無料で引き取る旨を謳う業者や、見積もりが極度に安い業者は、作業の後に高額な料金を請求してくることがあります。もとより片付けは、人件費のほかにも処分代など、さまざまな経費がかかる事業。無料で行ったり、格安で行ったりすることができる事業ではないことを、利用者も理解しておきましょう。

片付けたゴミを不法投棄し、その責任を依頼者に押し付ける悪徳業者もいるようです。注意しましょう。

一軒家の片付け業者費用相場はいくら

同じ「一軒家」とは言っても、片付ける品の量が違えば、料金も違ってきます。また、同じ3LDKとは言っても、延床面積の広さによって片付ける量も違ってくるでしょう。

よって、一概に「一軒家の片付け相場はこの程度」と言うことはできません。以下、間取りごとの片付け費用の目安をご紹介しますが、家の状況によっては、この相場から大きく上下にブレることがあることも理解しておいてください。

間取りごとの片付け費用の目安

間取り 費用の目安 作業員の人数 作業時間
1R・1K 30,000円~80,000円 1~2名 1~3時間
1DK 50,000円~120,000円 2~3名 2~4時間
1LDK 70,000円~200,000円 2~4名 2~6時間
2DK 90,000円~250,000円 2~5名 2~6時間
2LDK 120,000円~300,000円 3~6名 3~8時間
3DK 150,000円~400,000円 3~7名 4~10時間
3LDK 170,000円~500,000円 4~8名 5~12時間
4LDK以上 220,000円~600,000円 4~10名 6~15時間

一軒家の場合、一般には3LDK以上の間取りとなっているでしょう。よって片付けの相場は、処分品の量や広さに応じ、最低で170,000円、最大で600,000円と考えておいてください。

ただし、いかに一軒家とは言え、実際に600,000円もかかるケースは非常にまれ。メディアで報道されるような本物のゴミ屋敷ならいざ知らず、通常は10万円台か20万円台で収まると考えておいてください。

また、上で触れたとおり、片付け業者が古物商の許可を得ている場合には、遺品・貴重品を買い取ってくれる可能性があります。その場合には片付け費用と買い取り代金が相殺されるので、想像以上に料金が安く済むことがあります。よって業者を選ぶ際には、買い取りも行っているかどうかを確認しておくようにしましょう。