部屋をすっきり!片付けのコツ完全ガイド » 片付けられない女のための業者選び » 片付け業者を呼ぶのは恥ずかしい?

片付け業者比較ランキングBEST3

第1位
アクト片付けセンター
28,000円~
  • 掃除
  • 買取
  • 選り分け
  • ○
  • ○
  • ○
第2位
クリーンクルー
33,950円~
  • 掃除
  • 買取
  • 選り分け
  • ○
  • ○
  • ×
第3位
新日本撤去
39,000円~
  • 掃除
  • 買取
  • 選り分け
  • ○
  • △
  • ×

片付け業者を呼ぶのは恥ずかしい?

「恥ずかしい」と思うのは主に女性

男性が思うことは少ない

片付け業者に作業を依頼する際、男性はあまり恥ずかしいという素振りを見せない傾向にあります。それは「ゴミの片付けを目的に業者を呼んでいるのだから、現状を把握してもらわなければ始まらない」と、自分の立場や状況を俯瞰して見ており、恥ずかしいとは感じないようです。

逆に「片付け業者を呼ぶのは恥ずかしい」と感じやすいのは、圧倒的に女性の方でしょう。そもそも女性は「部屋に他人を入れること」自体に抵抗があり、ゴミの散らかっている状態であれば恥ずかしさは倍増します。中には恥ずかしさだけでなく、情けなさや申し訳なさすら感じてしまうかもしれません。

このような感情を抱きやすいのは、若い女性よりも中高年の女性に多いです。若い女性はまだまだ経験も浅く、様々な事情からたまたま部屋がゴミだらけになってしまったとも考えられます。反対にきちんと自立しているはずの中高年の場合は、「いい歳をしてゴミだらけの部屋に住んで、恥ずかしくないのか!」と思われがちです。その気持ちを自身でも持ち合わせているからこそ、恥ずかしいという気持ちになるのでしょう。

口コミ

  • 父が亡くなってから、実家がゴミ屋敷になりました。実家までは新幹線で約2時間かかるため、こまめに通いながら部屋を片付けることができず、思い切って片付け業者を頼むことを決意し、和室とトイレをきれいにしてもらいました。それまで夏場は害虫との戦いで、清潔だった家が恋しかったです。正直業者を呼ぶ時も、自分たちで片付けられないことに対して情けなくなりました。自分の住んでいる家は、絶対にきれいな状態を保っていようと強く決心したきっかけでもあります。
  • 1人暮らしの母の家がゴミ屋敷です。片付け業者の利用を勧めましたが、「こんな状態の家を見られるのは恥ずかしい!」と言われてしまい、なかなか承諾してもらえませんでした。ただ、父と一緒に住んでいた時の部屋の写真を見せたところ、「あの頃に戻してほしい」と言ってくれました。掃除の終わった部屋はとてもきれいになり、私自身も昔を思い出して涙が出るほど嬉しかったです。子供がアトピーを持っているため今まで実家に遊びに行くのを控えていましたが、今の状態なら安心して遊びに行けそうです。

業者は慣れている

業者はなんとも思わない

利用者が恥ずかしいという感情を抱く反面、片付け業者は全く恥ずかしさを感じていません。毎日のように様々な状態の部屋を清掃しているため、ゴミだらけの環境にも慣れているのです。もちろんゴミだらけの部屋を見て好印象は持ちませんが、一般の人よりも抵抗感はないでしょう。実績が豊富な業者であれば、いくらゴミが多い部屋でも余裕です。

またゴミ屋敷は生活ゴミだけでなく、ゴキブリやハエといった害虫や目視できない細菌など、様々なものが存在しています。片付け業者はこのような状況にも慣れていますし、それを「恥ずかしい」と感じる利用者にも慣れています。ヒアリングの際に利用者が部屋の状況を言わなくても、作業を通してゴミが増えた背景を察してしまうこともあるでしょう。

スタッフはみんな利用者の心理を理解し、万全なサポート体制を整えているため、利用者は恥ずかしがる必要はありません。自分ではどうにもならなくなった時は、ぜひ積極的に依頼してみましょう。

部屋を整えることが重要

散らかった部屋に住む人は、物で溢れかえってしまった現状を他の人に見られるのが恥ずかしいと思っています。とは言っても、自分の力でどうにもならない状況は業者に頼んで清潔感を取り戻すことが重要です。

ただ、ゴミやホコリなどで汚れた部屋を見せるのが恥ずかしいあまり、「誰にも見せたくない」と感じ、片付け業者に依頼するのを躊躇してしまう人も多いでしょう。もしかしたら溢れた物の中に、他人に見られたくないものがあるかもしれません。

しかし一時的な「恥ずかしい」という感情よりも、片付けを行ってきれいを保つ方が、本人にとっても近隣住人にとっても大切です。

ゴミ屋敷からきれいに生まれ変わり、本人も近隣住人も健康的で安心して暮らせるよう、恥ずかしさよりも部屋の掃除を優先しなければなりません。

そして片付け作業が終了したら、今度はこの状態を保つことを考えましょう。ゴミの溜まった状態が再発した場合、また業者を呼び恥ずかしい思いをしなければなりません。そうならないように、常に清潔な部屋を持続してください。